So-net無料ブログ作成

胡蝶蘭の花言葉は、はじめの一歩を踏む出して頑張れって、応援してくれている気がします。



世界洋蘭展ブルーリボン賞受賞の生産者が育てた胡蝶蘭
胡蝶蘭 育て方 ブログトップ

胡蝶蘭 育て方 変色 [胡蝶蘭 育て方]

胡蝶蘭を育てていると必ず経験することがあります。
窓際の日があたるところに置くと、【葉の日焼け】が起こる場合があります。
緑が抜けて茶色くなります。

対処法としては、茶色くなった部分を取り除く・・・
でも、茶色化したらもう、緑に戻ることはありません ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

【根腐れ】も非常に起こしやすく、胡蝶蘭を育てる方は、根腐れを経験されてきていると思います。
育てていて、あっれ、緑色が変だなって・・・と思ったら、根が崩れて腐ってきていた・・・なんて経験がありませんか?
普通は、葉が黄色に変色してきたときに分かります。

腐ったところを取り除き、時間をかけて養生させるしかありません。
正直、新しく再生する方が早いかもしれません。

胡蝶蘭 育て方 水やり [胡蝶蘭 育て方]

胡蝶蘭は、もともと寄生植物w(゚o゚)w ですので水やりは頻繁にする必要はありません。

水やりは植え込み材料の表面が乾いたかなって思う程度の時で大丈夫です。
え~そんな感じでいいんですかと思うぐらいの頻度です。
7~10日に1回ぐらいかな。
水をあげ過ぎると、すぐに根が腐ってきて活力が低下します。
(そうそう、ラッピングがあればすぐに取り外してくださいね。熟れて根が腐ります)

水をあげるときは、各株の根元にコップ一杯の冷たくない水にしてください。
(冷たい水は、もともと低温に弱い胡蝶蘭にはストレスになりますから)



胡蝶蘭 育て方 [胡蝶蘭 育て方]

胡蝶蘭は、しっかり育てれば、毎年、決まった時期に綺麗な花を咲かせることができます。
花の期間も長く、世話もすごくかかる方ではないので、一度、自宅で胡蝶蘭を育ててみてはどうでしょうか?
ただし、置き場所・水やり・肥料・病気・花のあと・季節の管理が大切になってきます。

でも、もともとはラン科の寄生植物なので、とても世話をやかないといけないっと言うのではありません。

胡蝶蘭は、その派手な形から、窓際が似合うときが多いですね。
でも、もともと暖かい地方の植物なので育てるのに適した温度は15~20℃で、10度以下になると枯れることがあります。
直射日光もダメで半日陰で風通しが良いところが好まれています。

さらに、エアコンなどの風が直接的に当たると、花もツボミも乾燥してしてダメになるので気を付けてください。そうでないと、ツボミから花が咲かなくなります。

胡蝶蘭 育て方 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。