So-net無料ブログ作成
検索選択

胡蝶蘭の花言葉は、はじめの一歩を踏む出して頑張れって、応援してくれている気がします。



世界洋蘭展ブルーリボン賞受賞の生産者が育てた胡蝶蘭
胡蝶蘭 お祝い 結婚式 ブログトップ

胡蝶蘭 お祝い 結婚式 [胡蝶蘭 お祝い 結婚式]

結婚式にブルーの胡蝶蘭または白の胡蝶蘭を贈るのはどうでしょうか?

胡蝶蘭は結婚式に似合う花の一つです。
ブーケ,キャスケードブーケなどに仕立てると、ウェディングドレスにすごく似合います。
白の胡蝶蘭以外に、青の胡蝶蘭を選ぶ方も多く、ワンポイントとしても良く映えるお花です。

200年以上前からの花嫁の幸せを願うおまじない。
『なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの、なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの、そして靴の中には6ペンス銀貨を』

サムシングフォーのサムシングブルーとして、ブルーの胡蝶蘭がよく使われています。
(胡蝶蘭の花言葉「幸福が飛んでくる」と相まって、サムシングブルー胡蝶蘭ですね)

この写真は花冠なので少し目立ってしまいますが、本当のサムシングブルーは、人目につかないように身に着けるといいとされています。でも、日本では青の胡蝶蘭やブーケの青いリボンの方が多くなってきています。



写真のものは白色ですが、アートフラワー(造花)ではなくプリザーブドフラワーで、生花のような花でできています。

生花仕立てものは、数日でしおれてしまうので、プリザーブドフラワーなどに加工しないと、思い出として持つことができません。かと言って、せっかくの結婚式のキャスティングブーケは生花が最も映えます。
だから、プリザを選ぶ方が多いと言われています(゚∇^d) グッ!!。
胡蝶蘭 お祝い 結婚式 ブログトップ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。